4つの図表で、突き抜けたブランドと
最大収益を創出しませんか?

4MapsStrategy TextBook
実際に使う4MapsStrategyテキスト

本クラスは、最初の2日で有能なコンサルタントの頭脳を手に入れられる場です。
その中身は、あなたの事業を「マネされる日本一」にするために必要な、あらゆる使いやすいツールが揃った、実践と成果にフォーカスしたクラスです。


マネされる日本一とは?

マネされる日本一とは、「顧客やライバル、世間の人々が、マネしたがるほどの卓越性で日本一になる企業や人のこと」です。そして、次の4つがその中身です。

1、それをやらなければならない「誰よりも強い理由」があること
2、同業者にアドバイスを求められたり、「勝手にマネされている」こと
3、業界水準と比較して、「利益率・利益額がズバ抜けて高い」こと
4、約束できる「日本一の価値」(商品、技術、要素)を持っていること



この5年でいちばん驚いたこと

私が、これまでに700の事業をコンサルティングする中で気づいたのは、
「誰も、答えを正しく導き出す手だてを持っていない」ということです。
しかし、私がこの5年間でいちばん驚いたのは、プロであるはずのコンサルタントも「それ」を持っている人がいなかった、ということです。

そして、今なお、それらのコンサルタントたちに惑わされている多くの(本来ならもっと突き抜けられる)会社が、虎の子の時間とお金をドブに捨てています。


しかし、どんなビジネスにも「正しい一手」はあります

未来作家 吉田傑

何度でも言いますが、どんなビジネスにも「正しい一手」があります。
私は、「それを取り出すこと」を仕事にしてきたわけですが、これらは技術なので、いくつかの思考のツールが揃っていれば、誰にでもできることです。

今回、はじめて   その社外秘ツール   を明かします。

その社外秘とは、「4Maps Strategy」と呼ばれる「4つの図表」です。

そして、「4つの図表」を使うと、それを自分で取り出せるようになるのです。
しかも、慣れてくれば、「20分」で出来るようになります。
あなたも、「この4つの図表を覚えたい」と思いませんか?

 
4つの図表を知った人たちの声

今日学んだ内容そのものもさることながら、「図解化することで苦労することなく教えをインストールすることが、私にもできる」という体験ができたことは、大きな収穫でもあり、同時に励みにもなりました。内容に関しては、6Elementsがとても応用の利く図解で、今後重宝することになります。起業というか貧困解決への出発点として、6Elementsを使って、事業全体を把握し、これまでのNPO、NGOにない自分たちの強みを取り出していきます。赤穂精華園 山本忠雄

6Elementsと6Thinkingで複雑な事業をシンプルな目で見れるようになりました。シンプルな思考フレームで考えるからこそ、良いアイデアが生まれる環境になるんですね。またシンプルだからこそ、次の打ち手が明確に見えてきました。まず、6Elementsと質問セットで自分の事業をシンプルにして、出てきたものをブラッシュアップしたいです。株式会社KENGOU 代表取締役 大久保剛

ビジメスのライフサイクルを大局的に見る方法を学べたと感じました。図表もユニークで覚えやすいと思いました。ホームページやプレゼン資料の見直しからまず着手したいと思います。株式会社藤代範雄デザイン事務所 坂本健介

Where are U?で自分の現在地がわかった。7年かけてこれから成長期に突入なんだね…。成長期という自覚を持って仕組みづくりと収益の最大化に急いで取り組む。THE面白本舗株式会社 川上健太郎

自分のスクールのウェブに出していない強みがわかった。ウェブの改善です。プロフェッショナル出版株式会社 小寺洋安

6Elementsと6Thinkingの考え方が大変参考になりました。今後取り組んで行きたいです。自分のビジネスのプロトタイプをまず固めないといけませんね。6Elementsの思考方法を使ってやってみたいと思います。税理士法人アップパートナーズ大橋尚生

レベルの高い経営ノウハウを体系的に学べた。自身に対する質問攻めです。私は創業前の2年期にいるからです。大森俊紀

6Elementsの強みを引き出す部分、もっとわかりやすくしていかなねばと感じました。ライバルと同じところを目指すのではなく、独自のNo.1をつくること。治療院経営研究所 松下展平

6Elementsと質問セットを早速自社に当てはめて考えていきたいと思います。成熟産業と言われている業界ですが、飛び抜けたいと思います。6Elementsの質問セットを用いて、これから事業展開していくことを熟考したいと思います。株式会社村松工務店 村松実

6Elementsの考え(フィロソフィー)を48時間以内にもう一度まとめあげ、すぐ成果となることを実行する。田島健司

6Elements、顧客脳の質問を手に入れたことで、コンサルタントの頭脳を手に入れることができました。創業期は、今後の自分のビジネス、本当に何をやるべきかを真剣に考える時期だということ。まさに今の自分のテーマを深く考える機会を与えられました。まず、もう一度、創業期にあたり、今、本当に自分がやるべきビジネスは何か?を6Elementsを使って考え直したいと思います。合同会社コミュニケーションスイッチ 志村高広



具体的に、「4つの図表」で何ができるのか?

1、自分の事業全体を「20分で診断」することができます
2、ビジネスの「どこに課題があるのか」をピンポイントで取り出せます
3、突き抜けるための「業績アップの一手」を全視点から見つけられます
4、その事業の「拡大発展モデル」を見ることができます


つまりこれは、有能なコンサルタントが「20分」でクライアントの事業を診断し、「もっとも効く一手」を導き出すプロセスをトレースできるだけでなく、その事業の「拡大発展モデル」まで一挙に見ることのできる図表なのです。


あなたに答えをくれる「4つの図表」とは?

4map
(この図表は、どの業種でもビジネスを思考できるようになっています)


この図表は、私がいま「マネされる日本一づくり」に使っている「基本図表」です。普段は、頭の中にあるので、クライアントが見ることはありません。そういう意味では、今回が「初公開」とも言えます。

私は、具体的なアドバイスを投入していく前に、必ずこの4枚を使って、シンプルな「3つの観点」から、しかし詳細にクライアントの事業を見極めていきます。

1、その事業は、そもそも「成り立つのか」どうか?
2、その上で、「どこに課題がある」のか?
3、そして、「何が効くのか」を、見極めていくのです



私は、このプロセスを絶対に外しません

この「見極め」というプロセスは、成功したノウハウを100個教えるよりも、「効果の高いプロセス」です。私が、他のどのコンサルタントより「正しい一手」を導き出せるのは、この「見極め」というプロセスを外さないからです。

だからこそ、この実践クラスは、
基本ツールである「4つの図表」を覚える「合宿」からはじまるのです。


この2日間で、有能なコンサル頭脳が手に入ります

4マップストラテジー

この合宿に参加すると、「4つの図表」を使えるようになります。
つまり、自分で「その事業が成り立つのか」を分析し、「どこに課題があるのか」を見極め、「正しい一手」を導き出せるようになっていただけるのです。
これは、有能なコンサルタントの頭脳を手に入れるのと同じです。

しかも、ここまでは、今回の合宿の2日間で、完全に手に入れることができます。


しかし、ここまでは序章にすぎません

ところで、ご存知でしょうか?
ビジネスに「必要な知識(スキル)」は、少なくとも32はあります。

マーケティング・プレゼンテーション・コピーライティング・ビジネスモデル・アドバタイジング・価格設定・プランニング・ネーミング・顧客心理・サービス・セールス・ホスピタリティ・クリエイティブ・イノベーション・リーダーシップ・マネジメント・マインドセット・ストーリー・プロダクト・ウェブサイト・ストラテジー・USP・ブランディング・セルフイメージ・デザイン・ブランディング・ライフサイクル・PR・ロゴマーク・リサーチ・CI…その他

そして皆、なにがしかの方法で、これらを学ぼうとしています。


そこで、合宿後には「実践のためのクラス」があります

これは、1クラス6名で、月に1回、未来作家の事務所に集まります。
そして、一人一人がそのとき抱えている問題を私と一緒に解決し、コピーやデザインなどのテクニカルなアドバイスを含めて、次に最適なアクションを取り出していくことで、「その場で、マネされる日本一をつくっていける」特殊なグループコンサルティングです。

あなたのアイデアを「32視点から具体的なカタチにしていくサポート」を、毎月継続的に受けることのできるクラスです。


ただし、枠は7クラスしかありません

私は、このクラスで「成功率100%」を目指しています。
ですから、物理時間的に、最大7つまでしかつくることができません。

すでに、クラスは2つ(計12名)ありますので、あと5クラス(30名)で定員となりますが、私の目的は、「マネされる日本一」をつくることで、クラスを7つにすることではありません。ですから、これ以上は仕事のクオリティが保てないと判断したときには、7クラス未満でも募集をやめる可能性がありますし、7クラスの定員が埋まったら、やはり、クラスの募集は終了することになります。

とはいえ、いま決める必要はありません

クラスへの参加は、この合宿で「すべての秘密」を学んだあとに決められますので、今日は「合宿に参加するかどうかだけ」をご検討ください。


これが「マネされる日本一実践クラス」です

実践クラスでは、上に挙げた「ビジネスに必要な32の知識(スキル)」とノウハウ、その具体的なテクニックの習得についても、しっかりとサポートしていきます。必要を見て、他のコンサルタントにはない、映像やデザイン、コピーなど、未来作家のクリエイティブ系のプロフェッショナル技術を教えることもあります。

「そうはいっても、、、32もの項目を使いこなせるだろうか…」

たしかに、これらの複雑な要素1つ1つを「美しく機能させて」自分の事業に組み込むことが、もっともむずかしいところです。それは事実です。


しかし、ご安心ください

マーケティング・プレゼンテーション・コピーライティング・ビジネスモデル・アドバタイジング・価格設定・プランニング・ネーミング・顧客心理・サービス・セールス・ホスピタリティ・クリエイティブ・イノベーション・リーダーシップ・マネジメント・マインドセット・ストーリー・プロダクト・ウェブサイト・ストラテジー・USP・ブランディング・セルフイメージ・デザイン・ブランディング・ライフサイクル・PR・ロゴマーク・リサーチ・CI…その他 (ビジネスを正しくつくるには、少なくとも、32の概念を学ぶ必要がある)
→
「4つの図表」には、すべてが統合されています

4map
(この4つの図表は、32の概念を統合して思考できる図表です)


いかがですか?

つまり、「マネされる日本一」をつくるために必要なツールは、すべてこの図表の中に入っているということです。成功をつくり出すツールは、きわめてシンプルです。これが、「日本一美しい戦略マップ」といわれる所以です。
あなたは、この4つの図表で「マネされる日本一」を創出できるのです。

もちろん、図表の裏には、あらゆる頭脳が入っていて、また、それをサポートする「チェックリスト」や、「セールスモジュールシート」なる特殊兵器も用意されています。


元々は、ビジネスの緊急事態を解決するメソッドです

4つの図表は、見た目こそスマートな図表ですが、そもそもは、コンサルの現場で、「今、売上げを上げなければ倒産してしまいます!」という救急案件を解決するために生まれたメソッドです。

一見不可能に見えるどうしようもない局面を、どうすれば乗り越えられるかを、現場から短時間で見出す、まさに、九死に一生をつくってきたメソッドなのです。


 
「4つの図表」を使うリーダーたち



▼プロデューサー育成スクール学長の小寺洋安先生は、、、
独立から3ヶ月かからずに学費50万円のスクールを立ち上げ、1年あまりで60名のプロデューサーを卒業させている。すでに、日本一の実績があるので、今後「6Elements」「4Expansion」を使って認知拡大の段階に入る。



▼維新会の松下展平先生は、、、
自らが患者という立場から、整体、カイロ、接骨院など治療院の経営講座を開講され、毎回、24時間で定員オーバーしてしまうほど人気の学校になっている。最近の事例では、治療院とのJVをブログでオファーしたところ、1日で10件もの応募が殺到する報告も届いている。今後、さらに「6Elements」を使って突き抜ける段階に入る。


他にも、今、「マネされる日本一」がどんどん育ってきていますが、戦略上、まだ紹介できない事例が多いので、可能な範囲でご紹介します。

▼フィットネスの業界を塗り替える大久保社長は、、、
まだお見せできないので隠しますが、「○○○カラダ」というコンセプトで、筋トレの通信講座を販売。「6Elements」と「6Thinking」を使うことで、コピーの成約率を0.3%〜1.89%に引き上げている。先日届いた最新の実績では、セールスのタイミングを逃したにもかかわらず、17%の成約率を叩き出している。

▼ギンスケ・シルバークレイカレッジの田口社長は、、、
自宅で商品クオリティのシルバーアクセサリーがつくれる教室と資格講座を販売。「6Elements」と「6Thinking」を使うことで、3万円から15万円に単価アップしたにもかかわらず、月間成約数はプラスになっている。さらに、最近の事例では、日本シルバークレイ協会を設立し、「4Expansion」を使って展開モデルを実行している。

▼犬のデザイン家具を販売しているweでは、、、
自身で「6Elements」を追求した結果、どの商品も相場の3〜10倍という高価格帯のにもかかわらず、その卓越した機能美でweのデザイン家具で部屋をコーディネートしたいという圧倒的なファンが集い、まさに「マネされる日本一」ブランドを欲しいままにしている。




マネされる日本一を100社つくるために

他にも、今、水面下で黙々と「マネされる日本一」を目指す仲間がいます。
そして私は、「マネされる日本一を100人つくる」ことを掲げています。

たしかに、たいていの成果は一朝一夕では得られません。
しかし、「4つの図表」を使って、「正しい一手」を打っていかなければ、マネされるどころか、誰にも気づかれずにその命が終ってしまいます。


だから「4つの図表」を教えることにしました

4map


まずは「合宿」にご参加ください

この2日間の合宿に参加するだけで、「4つの図表のテキスト」とともに、利益を創り続ける「有能なコンサルタントの頭脳」をお持ち帰りいただけます。
私のコンサルタントとしての自信は、この図表が頭にあるからこそです。あなたも、合宿以前とは比較にならない「自信」を手に入れていただけると思います。

その後の「実践クラス」に参加するかどうかは、合宿を受けてから決められます。

今すぐ、お席を確保してください。  



マネされる日本一 合宿カリキュラム

マネされる日本一実践クラスは、まずは2日間の合宿からスタートします。
そして、この合宿は、コンサルタントの頭脳である4つの図表をご自身の事業に落とし込みながら、実際に使いこなすワークショプ合宿です。

1日目 : 11:00〜21:00 (内、ランチタイム1時間)

    ・「マネされる日本一」とは?(講義)
    ・「現在のコア・メッセージ」の取り出し(講義+ワーク)
    ・「4Maps-6Elements」による分析(講義+ワーク)
    ・「4Maps-6Thinking」による思考(ディスカッション)
    ・「4Maps-4Expansion」による拡大(講義+ワーク)
    ・「4Maps-Where are U?」による確認(講義+ワーク)
    ・「マネされる日本一にむけて」(ディスカッション)

2日目 : 9:00〜17:00 (内、ランチタイム1時間)

    ・「世界一宣言」(プレゼンテーション)
    ・「ポジショニングの再定義」(ディスカッション)
    ・「ビジネスモデルの再構築」(ディスカッション)
    ・「コア・メッセージ化」(対話+ワーク)
    ・質疑応答(時間が許す限り)


開催要項

開催日程 :2011年10月22日(土)〜23日(日)
会場   :東京国際フォーラムG棟(会場番号は申込者に連絡)
      
      

開場   :両日とも、開始15分前には開場いたします。
募集人数 :12名
受講料  :210,000円 → 159,700円(テキスト代込み)
ご宿泊  :各自で手配くださいませ。


合宿後の「実践クラス」の参加について

希望者は、毎月継続的なサポートを受けることができます。
合宿が終ったときには、「これはいける!」と思える“突き抜けたビジネス”が見えていて、それが“コアメッセージ”という核心を突いたコトバになっている(あるいはそれがイメージできている)状態です。
あとは具体的にイノベーションを実行してく段階に入りますが、そのサポートに、毎月1度、6名ずつに分けられたチームでグループコンサルティングを受けることができます。

この精鋭クラスこそ、「マネされる日本一実践クラス」です。

じつは、大きな声では言えませんが、このクラスには、未来作家のクリエイティブ技術を無料で学べるチャンスが頻繁にあります

たとえば、コピーライティングです。ビジネスの成功はコトバ(メッセージ)に結実して行きます。顧客が購入ボタンをクリックするのも、注文の電話をかけてくるのも、参加したいと手を上げるのも、すべて、あなたから発せられるコトバ(顧客から見えるメッセージ)がそうさせるのです。
このクラスはマネされる日本一にイノベーションされた事業を、それにしか見えないコトバに落とし込むことからはじまります。
そして、これは基本的スキルですから、それをマスターいただくために、未来作家がコピー執筆代行サービス(1通63万円)で秘密裏に使っていた「セールスモジュールシート」も無料で提供します。

他にも、未来作家は、あなたとのディスカッションから思いついて、プロモーション動画をつくって見せたり、リアルタイムにセールスコピーを書き直して見せたり、デザインをつくってみせたりすることがありますが、あなたは、無料でそれを自分の事業に使うことができます

実践クラスの参加費は、月額3万円です。

ただし、実践クラスは、全部で7クラス(各6名)をつくる計画ですすめていますが、すでに2クラスはありますので、実質、あと5クラス(30名)で定員となります。



参加条件

ご参加いただける方は、以下の条件を満たせる方のみです。
お申し込みの前に、あらかじめご確認くださいませ。

1、事業をはじめて3年以上の方であること。
2、ウソやごまかしがなく、何事も真摯に取り組める方であること。
3、仲間のアイデアやノウハウを、他言したり自分のものにしないこと。
4、顧客や仲間を誰よりも守り、大事にできる方であること。
5、Innovator BOOKなどへの事例公開に協力いただける方であること。

それでは、世の中を変えたいあなたからのお申込みを、お待ちしてます!



参加予約フォーム


マネされる日本一合宿の支払方法は、銀行振込とカード決済がございます。
いずれをご希望の場合も、こちらのフォームからお申し込みください。
クーポンをお持ちの方も、まずはこのフォームからお申し込みください)

姓 ※ (例)吉田
名 ※ (例)傑
メール ※ (例)yoshida@example.com
区分 ※ :法人 :個人
会社名
ウェブサイト (例)http://www.yoshidasuguru.net
郵便番号 ※ (例)123-0001
 都道府県
住所 ※  荷物が届くように
携帯番号 ※ (例)090-1234-0000
志望動機 ※   簡易審査の上、参加をお断りする場合もございます。
生年月日 ※ (例)1978年1月29日
募集は終了いたしました!



「日本を、世界一マネされる場所にすること」

これが、私の世界一宣言です。
そのためのミッションは、イノベーション100のメンバーを通じて
「マネされる日本一」を100社つくることです。
もちろん、世界からマネ(手本に)されるぐらいに、クールな100社です。
私は未来作家として、この使命に自分の人生をかけています。

正直、足らないことばかりです。自分にはできないことばかりです。
だから、私は、私にしかできない“未来作家”という仕事(イノベーション×マーケティング+クリエイティブ)で世の中を変えます。

イノベーション100メンバーの世界一宣言が、いつも私をかき立ててくれます。
だって、どれも実現したらカッコいいことばかりです。

それでは、当日会場で。

未来作家吉田傑

未来作家吉田傑事務所(株式会社成功塾)マネされる日本一をつくる会社