Kindleを買ってから起きている問題

1000冊の蔵書を持ち歩く... 2013年03月26日 実行3分の売上げアップ...

kindle(キンドル)

わたしもKindleを買った。
そして、問題はわたしのところでも起こっている。


いやー困った。
Amazonで本を買っていたとき以上に手軽なだけに、バンバン「ついで買い」しまうのだ。もちろん、Amazonもワンクリックで注文が完了するというすばらしい手軽さだ。しかし、Kindleストアには叶わない。なぜなら、Kindleなら10秒後には買った本が読めてしまうのだ。今読みたいという欲求に、ズバリ応えてくれるのだ。
読書がKindleになってからというもの、Facebookを見ていたスキマ時間が、読書時間になった。暇つぶしにKindleストアを見てしまうと、購入してしまう。本棚の制限がなくなったので、ワンピースを大人買い(しそうになったがよくよく考えてみると読む時間がないので、かろうじてお預けに)。読書後にレコメンドを見ては買うという、無限連鎖が止まらない。

おかげで、今、わたしのメールボックスはAmazonで独占されている。
つまり、Kindleは、恐るべし「決済ツール」なのだ。


そして、マーケティングのプラットフォームに使えるかもしれない。それだけの可能性がある。情報流通経路として1つ導線をつくっておくべきだろう。
というわけで、これからわたしたちのところでは、社内でKindleストアの運用テストをはじめることになった。


 ▶▶700社の事業再生をしてきたコンサル事務所の資料庫へ

未来作家吉田傑事務所(株式会社成功塾)未来作家吉田傑事務所の7つの追求イノベーション100のプライバシーポリシーイノベーション100における特定商取引法に基づく表記 未来作家吉田傑事務所で一緒に働きたいあなたへ
未来作家吉田傑事務所(株式会社成功塾)マネされる日本一をつくる会社
未来作家吉田傑事務所は、〒359-1115埼玉県所沢市御幸町8−5−206にある小さな変革の会社です。私達の使命は、日本から100の問題を取り除き、世界からマネされる日本をつくることです。私たちは、日本をよりよい場所にしようとするイノベーターのためにあります。