あなたも間違っている社長の仕事とは?

被災していない経営者た... 2013年03月14日 キャズムを越える5つの...

経営に使えるツール  
チーム未来作家は、今日現在296社のチームで構成された問題解決組織だ。その目的は、日本から100の問題を取り除くことだ。


それをするために、わたしは顧問になっているチームで起こるあらゆる問題解決をやっている。それと同時に、教育者としていくつものチームの育成を行っている。つまり「ビジネス・チーム」を育成しているのだ。
わたしはこれを「問題解決チーム」と呼ぶこともある。わたしが育てているのは、あらゆる問題を「自分たちで解決できるチーム」だからだ。

また、ここで目指しているのは、ビジネスという「問題解決のシステム」を、「社長なしで回していける状態」をつくることでもある。

社長を、本来の特性である「起業家」として生きられるようにしたいからだ。
わたしたちのチャレンジは、日本から1つでも多くの問題を取り除くことだ。しかし、実態は、社員を抱えている多くの会社の社長は、社員を食わせていくことに忙殺されているし、社員は会社にぶら下がっている状態だ。これは、能力の高い社長が経営をしている会社ほど、顕著に出る傾向だ。

そのせいで、社長は「社長の仕事」ができていない。ところで「社長の仕事」とは何なのだろうか? これに正しく答えられる人はいない。

じつは、どの社長もここを間違えているのだ。
しかも、皆、自分が間違っていることに気づいていない。会社が社長の限界で止まってしまう原因は、ここに隠れているのだ。社員のお守りではなく、社長は、社長の仕事をすべきなのだ。では、「社長の仕事」とは、一体何をすることなのか? 近々、これについて「オーディオ講義」を行う予定だ。


 ▶▶700社の事業再生をしてきたコンサル事務所の資料庫へ

未来作家吉田傑事務所(株式会社成功塾)未来作家吉田傑事務所の7つの追求イノベーション100のプライバシーポリシーイノベーション100における特定商取引法に基づく表記 未来作家吉田傑事務所で一緒に働きたいあなたへ
未来作家吉田傑事務所(株式会社成功塾)マネされる日本一をつくる会社
未来作家吉田傑事務所は、〒359-1115埼玉県所沢市御幸町8−5−206にある小さな変革の会社です。私達の使命は、日本から100の問題を取り除き、世界からマネされる日本をつくることです。私たちは、日本をよりよい場所にしようとするイノベーターのためにあります。