プロを選ぶ4つの条件

オイルを販売する会社の... 2011年10月22日 3ヶ月以内に自分を学長...

DNA鑑定 採取キット

これ、知ってる?「DNA鑑定の採取キット」だ。今回の記事とはまったく関係ないんだけど、初めて使う機会があったので、iPhoneで撮らせていただいた。

今、あらゆるビジネスで、「映像」「デザイン」が求められるシーンが増えていきている。イノベーションでは、誰をチームに加えるかが最重要項目だ。
ところが、そういった際に、クリエイティブの仕事が満足にできるプロフェッショナルは少ない。プロにお願いしても、条件が揃わなければ、いいものなんてできないのだ。「一体、どんな人にお願いしたらいいのか?」
そこで、僕の「プロを選ぶ4つの条件」を備忘録代わりに書いておく。

、自分と同じか、自分よりも高いクオリティー基準を持っていること。
、納期を死守できる責任感を持っていること。
、センスや感性が合うこと(好みが合致すること)
、お金を気持ちよく払ってあげたいと思える、いいヤツであること。

この4つを満たす、デザイナーやカメラマン、編集マンを起用するといい。ただし、これには1つ条件がある。その条件とは、自分で「これがつくりたい!」という具体的な絵が見えている場合の人選の方法だ。
もし、そうでない場合、つまり、「何をつくればいいか?」という企画から相手に求める(あるいは、一緒に考えたい)場合は、チームに、僕のような、「マーケティング」「クリエイティブ」の両方に強みを持ったコンサルタントを入れるといい。つまり、すべてのパーツを1つの物語にまとめられる監督役だ。
もちろん、そのコンサルタントの人選も、上の4つで選べばいい。

見落とされがちだけど、4つ目の「いいヤツ」であることはとても大事だ。
経験上、払うお金がもったいないと感じる相手と仕事をして、エクセレントな結果が生まれたことは一度もない。スペックだけで人を選ばないことだ。


 ▶▶700社の事業再生をしてきたコンサル事務所の資料庫へ

未来作家吉田傑事務所(株式会社成功塾)未来作家吉田傑事務所の7つの追求イノベーション100のプライバシーポリシーイノベーション100における特定商取引法に基づく表記 未来作家吉田傑事務所で一緒に働きたいあなたへ
未来作家吉田傑事務所(株式会社成功塾)マネされる日本一をつくる会社
未来作家吉田傑事務所は、〒359-1115埼玉県所沢市御幸町8−5−206にある小さな変革の会社です。私達の使命は、日本から100の問題を取り除き、世界からマネされる日本をつくることです。私たちは、日本をよりよい場所にしようとするイノベーターのためにあります。