▶▶700社の事業再生をしてきたコンサル事務所の資料庫へ

「情報起業家と一緒にされたくない!」
イメージを大事にする先生向けノウハウ販売法

画像はありません。 イメージを大事にする先生向けノウハウ販売法

「自分でもノウハウを販売してみたい。でも、情報起業家と同じように見られたくない」。これを解決する最高のアイデアです。8分程度の短い解説音声です。ライバルよりも先に聴いてみてください。


▼以下、音声の書起しです。

「情報起業家なんかと一緒にされたくない!」
イメージを大事にする先生向けのノウハウ販売法

 こんにちは、未来作家の吉田傑です。
 今日は、自分のイメージに傷がつかない、奥さんや息子にも胸を張れる方法で、自分のノウハウを売ってみたいんだ。という方のためにご案内があります。
 ノウハウを売るということには興味がある、ノウハウを販売して、自分も収益をつくってみたい。でも、よくいる情報起業家のようなうさんくさい方法でやるのは嫌だ。そう思って、やってみたいと考えているのに、二の足を踏んでいる方はけっこういらっしゃると思います。

かくいう私自身が、2003〜2004年にかけて
「情報起業」というコンセプトと方法論を広めた1人です

 実際、私は、情報起業というコトバが日本に入ってきたときから、このマーケットのことを知っています。ですから、その実情については、業界内でもトップ数名に入るぐらい知っているほうだと思います。
 かくいう私自身が、2003〜2004年にかけて情報起業という概念と方法論を広めた1人でもありますし、そこで一通りの実践と成果をつくってから、さっさとそこから抜け出した1人でもあります。ですから、業界地図の内側も外側も、そして見えにくい売り手同士のつながりも、情報販売のASPを立ち上げた人たちなんかのことも、立場上よく知っています。

一通りの実践をして成果をつくったら
さっさとそこから抜け出した1人でもあります

 そして、今は、当時から研究してきたイノベーションとクリエイティブの技術を使って、事業を創出、再生するコンサルタントとして、法人企業やプロフェッショナルリーダーをクライアントに、イノベーションの実践をサポートしています。
 ですから、インターネットを使った事業モデルや、コンテンツを主体とした事業モデルはもちろんのこと、事業変革やマネジメントモデル、オペレーションのカイゼンについても、膨大なリソースを蓄積しています。そして、それらに関わろうとする人たちや顧客の感情もあらゆる角度からリサーチができています。

イメージに傷がつかない方法で、自分のノウハウを売ってみたい

 私は、あなたのその気持ちがよくわかります。
 多分、あなたの現実は、自分の方がいいノウハウを持っていたりすれば、自分が教えてあげた方がうまくいくのに…と思いながらも、あやしい情報販売の会社と同じように見られたくないという理由で、行動を足止めさせられている。
 こんなもったいないことはありません。それは、まさに社会的損失です。あなたが世の中に出るべきなのに、品のないグレーな会社が表通りを闊歩している。こんな状況はどうにかしなければなりません。

しかし、それは彼らを排除することではなく
我々が彼らの手の届かないところに上がることです

 というのも、私もあなたと同じように考えてきました。あんな雑誌裏の通販ページのような会社ばかりのマーケットで有名になりたくない。だからこそ、そこでそれまでに構築した収益システムをすべて放棄して、経験とリソースだけを持って、コンサルタント、そして教育という市場に入っていきました。
 今では、クリエイティブも強くなってきたせいで、コンサルタントという枠にも納まらなくなって、未来作家を名乗っているわけですが、そこにいたるまでに憂いていたことは、私もあなたと同じです。

 しかし、今日は、その問題を解決しましょう。

 私はこの問題について取り組んできました。そして、昨年、ようやくその解決策がカタチになりました。今日は、それを発表します。

じつは、プロフェッショナル意識の高いあなたにこそ
ふさわしいノウハウの販売方法があります

 それは何だと思いますか?

 この質問をすると、多くの人が思いつく解決策が、1つあります。そうです、本にして出版するという方法です。
 しかし、私の解決策は、商業出版ではありません。私も本を2冊出版していますが、たしかに、出版はイメージという観点では問題をクリアしています。しかし、事業として考えたときに、収益がそのハードルをクリアすることができません。しかも、商業出版は、出版社がお金を出すので、自分が書きたい本ではなく、出版社が売りやすい本を書くことになります。そういう意味でも、不都合がいろいろあります。なので、やっぱり出版は最高の解決策にはなりません。

 では、どんな方法があるのか。

それは、「自分の学校をつくる」という方法です
しかも、限りなく低いハードルでつくることができます

 もし、あなたがたった1つでも「プロフェッショナル」なスキルをお持ちなら、それを教える学校をつくってみませんか?もちろん、学長はあなたです。そして、その生徒から支払われる授業料は事業収益であり、あなたはそこからお給料を受け取ることができます。つまり、もし、教育をやりたいとお考えなら、ビジネスという仕組みを使って、自分のやりたい学校をつくることができるようになりました。

 学校をつくったら、よくいる情報販売の会社とは、まったく違ったポジションであることを主張するまでもなく、認識してもらうことができます。また、その学校を社団法人などの公益性のある器で立ち上げれば、さらに立場を持った事業運営ができます。そこでのあなたは、学長であり、理事長です。

学校づくりなんてやったことがないし、自分にはむずかしい?

 ご安心ください。私は、今回、それができる学校制作のプログラムをつくりました。あなたのようなプロ意識の高い先生にこそ使っていただきたいプログラムです。しかも、それは、あなたが使えるお金の範囲内でつくることができる学校で、つまり、数千円〜数万円という小予算でも、学校をはじめることができます。
 そして、その学校は、教育理念、教科書、メディア、ホームページ、卒業認定という5つのピースによって、あなたの思い通りに拡張することができます。面白いと思いませんか?自分が学長になる学校を、自分でつくってしまう方法です。

メンバーからはすでに2つの学校が立ち上がっていて
初年から数十名の卒業生と、数千万円の収益を生み出しています

 そして、そのうち1つの学校は今年5,000万の売上げ目標を掲げており、もう1つの学校は、2,500万の売上げ目標で突き進んでいます。しかも、立場は学長や校長です。先生の立場に傷がつくどころか箔がつきます。

 もし、この話にピン!ときて、自分も学校をつくってみたいとお思いになった先生は、「下のリンゴをクリック」して、その中身をご覧になってみてください。

未来作家吉田傑事務所(株式会社成功塾)未来作家吉田傑事務所の7つの追求イノベーション100のプライバシーポリシーイノベーション100における特定商取引法に基づく表記 未来作家吉田傑事務所で一緒に働きたいあなたへ
未来作家吉田傑事務所(株式会社成功塾)マネされる日本一をつくる会社
未来作家吉田傑事務所は、〒359-1115埼玉県所沢市御幸町8−5−206にある小さな変革の会社です。私達の使命は、日本から100の問題を取り除き、世界からマネされる日本をつくることです。私たちは、日本をよりよい場所にしようとするイノベーターのためにあります。