必要とされない苦悩から抜け出す方法

最強脱臭器 vs くさや 2013年04月30日 メルマガを参考教材にレ...

Why did you not need me?


必要とされない人生。こんな不幸はないだろう。

なぜなら、人間は必要とされることを必要としている生き物だからだ。
誰かに必要とされなければ、自分は「いないこと」にされてしまう。しかし、必要とされない現実というのは人生で頻繁にやってくる。そして、このとき多くの人が間違えてやってしまうことがあるのだ。
皆、「なぜ、あの人はわたしを必要としないのか?」という質問を持ってしまうのだ。これは毒薬になる。この角度から考えると不幸まっしぐらなのだ。なぜなら、「あの人」は悪気があるわけではなく、「ただただ、あなたを必要としていない」それだけだからだ。そして、それはあなたが悪いわけでもないのだ。

これは、お腹の減っていない人に対して、「腹一杯食わせてやりたいのに、あの人は食べてくれない…」と言っているのとまったく同じ構造なのだ。では、こういった場合、どうすればいいのか?

わたしたちが使っているもっとも効果的なアプローチはこうだ。
「わたしを必要としてくれている人は誰か?」を問うことだ。それは必ずいる。そして「必要とされる場所に移動する」のだ。つまり「あの人」からこだわりを外し、必要としてくれる相手にフォーカスを移動するということだ。世の中、あなたを必要としてくれる人は、たくさんいる。そして、必要としてくれる人の中にこそ、あなたがフォーカスすべき、あなたにふさわしい「あの人」がいるのだ。

この問題の構造はとてもシンプルだ。あなたに不満を持っているから売れないのではい。ただただ、いらないだけなのだ。

まぁ、こういった現実は、しばしば人生にショックを与えてくれるものの、ブレイクスルーのキッカケをつくってくれるものでもある。だから、もし、あなたがこういった問題を抱えていたならば、速やかにこだわりを外し、必要とされる場所にフォーカスを移動することをおすすめしたい。

わたしたちに、「必要とされないところ」に賭けられる命なんてないはずだ。顧客関係だけでなく、「必要とされない不幸」についての問題は、原則的にどれもこのアプローチが有効だ。


 ▶▶700社の事業再生をしてきたコンサル事務所の資料庫へ

未来作家吉田傑事務所(株式会社成功塾)未来作家吉田傑事務所の7つの追求イノベーション100のプライバシーポリシーイノベーション100における特定商取引法に基づく表記 未来作家吉田傑事務所で一緒に働きたいあなたへ
未来作家吉田傑事務所(株式会社成功塾)マネされる日本一をつくる会社
未来作家吉田傑事務所は、〒359-1115埼玉県所沢市御幸町8−5−206にある小さな変革の会社です。私達の使命は、日本から100の問題を取り除き、世界からマネされる日本をつくることです。私たちは、日本をよりよい場所にしようとするイノベーターのためにあります。